イチカ流!本気で億万長者を目指す株式投資ブログ!

20代サラリーマンが株式投資についてアレコレ考えながら、投資可能資産1億円を目指して奮闘します!

私が仮想通貨に微塵も興味がない理由について【アンチではない】

f:id:Ultra-HNWI:20180612205451j:plain

こんにちは(・ω・)

私イチカは毎日の労働からの一刻も早い解放を願っており、億万長者を目指しております。

そんな私がちょうど株を始めたころ、仮想通貨の話題が世間に広がり始めていました。会社の同僚も少数ですが手を出している人もいました。

ボラティリティが高く、「将来仮想通貨が国際的な信用通貨になる。」という弁をそのまま信じるならば、最速で億万長者になるには最高の投資先になり得るでしょう…。

 

 

しかし、私の場合は仮想通貨に投資する発想は全くありませんでした。

理由は二つです。

一つ目の理由は、内在価値や期待リターンが算定できないものに投資すると、投資がチキンレース化してしまい、短期投資の繰り返しになる未来が容易に想像できたからです。

つまり、仮に仮想通貨の価値が100倍になったとしても、100倍になるまでの間に何度も売り買いを重ねることになり、そこまでの利益を上げられないと思いました。

しかもその100倍になる可能性も算定できません。100分の1になるかもしれません。このような期待値の算定できないカオスな世界に浸ると、日々の社畜業も疎かになるでしょう。割に合いません。

 

二つ目の理由は、そもそも通貨というものの価値が何によって決まっているのかが曖昧で、かつ政治的意図で価値が急変するリスクがあるからです。

為替相場で取引されている信用通貨の価値は一応「通貨への信用」、または「発行元の国への信用」で決まっていると言っていい思います。(ちなみに仮想通貨への信用は私の中ではゼロです。)

もうこの「信用」って言葉が私には意味不明なのです。人間関係でも信用なんて一回裏切ったらゼロになるものです。

このような意味不明なものを根拠にした為替相場というのは、故にあれほど殺伐としているのではないかと思います。

しかも国策でいきなり「発行通貨増やします。」とかやられる可能性もあります。株と違って発行元が投資家のことを考えて動いてくれません。

そんな感じで、信用通貨の為替相場ですら怖いのに、仮想通貨に手を出す気にはなれないです。

 

つまり、私のような臆病で狡猾な人間は「確実にまったり億万長者になるやり方」というものを求めたくなるようです。

「やることやってりゃ勝手に儲かる」ぐらいの温度感で金儲けがしたいのです。

平穏に生きたいので、日々チャートに血眼になってまで億万長者を目指したくないのです。

故に、期待リターンを算定してのんびり株価が上がり続けるのを待つ長期投資にドップリとハマっているわけです。

 

仮想通貨に投資し続けている人たちも、それぞれのパーソナリティがあってその投資戦略に行きついているのでしょう。

正直私には理解できませんが、理解できないからと言って批判するものでもないと思います。

投資対象が創造する未来に投資しているという点で志は同じで、皆前向きな想いで取り組んでいますからね。

皆金持ちになればいいのにな~と思うんですけど、残念ながら社会は弱肉強食なんですよね。誰が勝ち残っていくのやら。

今回は以上とさせて頂きます。

ではでは(・ω・)ノシ