イチカ流!本気で億万長者を目指す株式投資ブログ!

20代サラリーマンが株式投資についてアレコレ考えながら、投資可能資産1億円を目指して奮闘します!

【お金・時間の使い方】費用化マインドと資産化マインドの差

f:id:Ultra-HNWI:20180608185122j:plain

休日にゴロゴロしてて、いつの間にか夕方になっていた時の何とも言えない虚無感…

思い当たる人は多いのではないでしょうか?

「せっかくの休日を無駄に過ごしてしまった…」という後悔は、イコール時間という資源を自分の将来に役に立たない形で「消費」してしまった非生産性への反省だと思っています。

 

 

このように通常人間は会社と違いお金や時間などの資源を常に有効に使えるほど合理的にはできておりません。

しかし、残酷なことにそれらの資源を絶え間なく自らの将来への投資に充てることができる人間が少数には存在し、彼らと通常の無駄が大好きな人間とでは資産や能力といった点で決して埋まらない差がついてしまうと考えております。

私はその差異を費用化マインド・資産化マインドと自分で呼称しております。

そして私自身は凡人ながらも、常日頃から資産化マインドでいられるよう意識しております。

わかりやすくするために、この両者の行動を具体例で示します。

 

【費用化マインドの行動】

・ボーナスを旅行やブランド品の購入などに使う

・飲み会に三次会まで参加する

・休日はテレビを見ながら寝たり…、とにかくだらだらしている。

・合コンに盛んに参加し、ワンナイトラブを狙っている

・仕事に向上心を持たず、残業代のためにわざわざ遅くまで残る

 

【資産化マインドの行動】

・支出は抑え、余剰資金を投資や資格勉強に回す

・長く健康でいるために、仕事後の時間等を使いスポーツや筋トレに習慣的に励む

・休日は副収入の計画や自己研鑽に時間を使い、充実している。

・人との関係を大事にし、長く付き合える人が多い

・仕事中は業務に集中して取り組むが、時間外では仕事のことは考えない

 

何となく私の言いたいことは分かっていただけるでしょうか?

「資産化マインド」とはまとめると、費用化マインドのようにその場限り又は価値が買った瞬間から落ちるようなものではなく、「自らの将来に大きなリターンをもたらすもののみにお金や時間などの資源を投じ、その資源を自らの資産とすることができる考え方」のことです。

私の見る限り、バフェットをはじめ突出した成功者というのは皆このような合理的な「資産化マインド」を持っていると思います。

皆さんはどちらのマインド寄りでしょうか?

お金や時間を消費する人間と、資産として積み上げる人間…表面上前者のほうが楽しく生きてるようにも思えるかもしれないですが、私は後者のほうが「経済的自由」等のあらゆる自由に近づき、実りある人生を送られると考えます。

一度きりの人生、資産化マインドを持ってしっかりと財産や知識を積み上げ、労働などのつまらない制約から解放されて好き勝手生きたいです!

 

何だか今回も言いたいこと言ってみただけになった気がしますが、以上とさせて頂きます。

ではでは(・ω・)ノシ