イチカ流!本気で億万長者を目指す株式投資ブログ!

20代サラリーマンが株式投資についてアレコレ考えながら、投資可能資産1億円を目指して奮闘します!

【投資家の理想】株を安く買うためには

f:id:Ultra-HNWI:20180608184622j:plain

 

こんにちは(゜ω゜)

昨日から風邪を引いて、仕事を休んで家でずっと寝ています。

こんなとき、優しい女の子が介抱してくれたら一瞬で惚れてしまうだろうな~と不毛な妄想をしておりました。

人間、弱っているときに優しくされるとコロッと信頼してしまうものです。

 

 

今回のお題は「株を安く買うには」ですが、上の話と結構似ていると思っております。

株も風邪をひいて弱っているときに買ってあげれば、あとで恩返ししてくれるのです笑。

どういうことかと言いますと、持とうとしている株が不祥事等の悪いニュースによって、一時的に株価を下落した際に拾えば、その株は後々高いリターンを返す可能性が高いということです。

悪いニュースに対して、市場は感情的に反応することが多いです。そのような下落場面の中でその株を買うというのは結構勇気がいります。

このような勇気の要る選択を支えるのは、指標から導き出した期待リターンや、経営陣に対する信用だと考えております。

この2要素を自分の中で確信が持てるレベルで満たしていれば、ナイアガラの滝のように株価が下落した局面でも拾い上げることができるかと思います。

ただし、こういった行動ができるのは長期投資家だけなのでしょう

一時的な下落を好機と見なせるのは、「企業の長期的成長性に価値を見出していて長期的に保有する覚悟を持っているから」であり、下落からの復帰がいつになるかなどは全く予想できないからです。

利確のスピードを求める短期投資家には、悠長に株価が上がるまで待つということはできないでしょう。一時的なグッドニュースに踊る株を買い、株価が上がった一瞬で売り逃げるのが彼らの戦い方ですからね。

こうして、下落局面で買うことができた株は、後々株価を本来の水準まで回復するので、より高いリターンを得ることができます。

 

ここまで書いて、株は恋愛・結婚などと似ているところが多いな~と感じます。

一時的な関係が狙いなら、見てくれが良くて都合よく頭の悪い人をたぶらかせばよいのですが、結婚する相手はやはり別です。長期的に自分にとってメリットがあると感じられる内面を見定め、そしてお互いが相手が弱ってる時でも一緒に頑張ろうと覚悟が決められる人と一緒になるべきです。

長期投資家は、株を買うたびに結婚相手を選ぶほどの覚悟を持って臨まねばならないのかもしれませんね。

 

少し脱線気味ですが、今回は以上です。

ではでは(゜ω゜)