イチカ流!本気で億万長者を目指す株式投資ブログ!

20代サラリーマンが株式投資についてアレコレ考えながら、投資可能資産1億円を目指して奮闘します!

億万長者を目指す!イチカ流投資スタイルの説明

 

f:id:Ultra-HNWI:20180607230739p:plain

こんにちは!(゜ω゜)/

今回は、私イチカが億万長者になるための投資スタイルについて説明いたします!

 「バフェットの銘柄選択術」という本の手法をリスペクトしています!

 

 

 

【イチカ流!投資スタイ

〈保有株式の種類〉

 国内・海外問わず、優れた期待リターンを誇る成長・割安株への集中投資!

 現物のみ、信用取引は原則使用しない!

〈保有期間〉

 10年を視野に入れた中長期保有!(ポートフォリオのリバランスのために保有株数を減させることはある)

〈売買のタイミング〉

 株式の期待リターンが優れている時に買い、株価が株式の本来価値を大きく上回った時に売る!

 

 「内在価値が市場評価を大きく上回っている株に集中投資し、長期保有する」ことで大きなキャピタルゲインを狙っていくということがこのスタイルの主旨です。大きく張って大きく儲ける、とも言えます。

 インカムゲイン(配当)はあまり欲しくない・・・というか「勝手に利益確定されて税金を払わされるようなもの」と思っているので好んではいないです。理論的には配当が出た分、株価が下がってキャピタルゲインが減少するし・・・。

 

 

 さて、ここでそのような高慢な投資スタイルを自称する初心者の私の保有株式の内訳(?)を公開します。

国内株式:270万円

(内訳:コンサル系A社(マザーズ)140万円、不動産系B社(東証一部)130万円)

海外株式:30万円

(内訳:アップル20万円、スターバックス10万円)

 

 90%を占める国内株は、全て成長期の企業に投資しています。銘柄はなんか恥ずかしいので今は非公開で・・・。

 米国株は10%しか持っていません。バフェット信者の風上にも置けない有様です。

アップル株を持っていることが唯一バフェット信者らしいところでしょうか・・・。

これには2つの理由があります。

①英語の財務諸表をしっかりと読み切る力が不足しており、イマイチ自信を持って買い切れない・・・。

②まだ市場の知識・経験に乏しく、資産も少ないため、

 情報が読み取りやすく、ボラティリティが高い国内成長株への投資に励むことが自分にとって好ましいと判断した。

 よって、今後株式投資の語学力・経験値・資産を得るにつれ、海外株への投資割合は増えていく予定です。海外株の方が全体的にROEが高くて魅力がある銘柄が多いんですよね~。

 

 その辺の将来に向けてのリバランスの発想やタイミングが自由なのは、株式投資の面白いところです。

チンパンジーでも頑張ればできる反復作業の繰り返しでしかないサラリーマンの仕事と違ってワクワクしっぱなしですね!(仕事選び間違えたのでしょうか・・・。)

これから自分の作り上げたポートフォリオが、どのような結果を残してくのか楽しみで仕方がないです!たとえ爆死しても!

爆死も含めて、自分の判断の正誤をここまで明らかにしてくれるのは株式投資ぐらいなので、今後も自分の鑑としても長くお付き合いしたいところです。

 

 

 次回からは私の銘柄選択の方法について書こうと思ったのですが、

「バフェットの銘柄選択術」に記された方法をパクってるだけなうえ中途半端にオリジナリティ(笑)を入れてるあたり地雷臭しかしません。そんな安っぽいものを公衆にさらすのは公共の福祉に反するので止めておきます。

 

 よって、ここは本家本元のバフェット氏の株式の銘柄選択の手法について、基本から応用まで順番にご紹介していこうと思います。

 彼の銘柄選択手法は今まで見たものの中でも理にかなっていて、一般化されるべきだと考えております。自分の復習がてら一生懸命書かせていただきます!

 

ではでは(゜ω゜)ノシ