イチカ流!本気で億万長者を目指す株式投資ブログ!

20代サラリーマンが株式投資についてアレコレ考えながら、投資可能資産1億円を目指して奮闘します!

【動態論と静態論】理論株価の算定における二つの考え方とその差異を考える

f:id:Ultra-HNWI:20180825215549j:plain

 

こんにちは。

このブログでは度々「理論株価」という言葉を使わせていただいておりますが、そもそも理論株価には様々な考え方があり、故に様々な求め方があります。

 

なお、私にとって聖書にあたる「バフェットの銘柄選択術」という本には、2通りの「10年後の理論株価」の算出方法が紹介されております。

今回はこの2通りの理論株価の算出方法を軸にして、理論株価というもの自体への考え方を深めたいと思います。

 

まず、バフェットの基本的な理論株価の構成は以下の通りです。

10年後の理論株価=(10年後のEPS)×(平均PER)

ここまでは2通りの算出方法で共通していますが、(10年後のEPS)の求め方が異なります。

【算出方法①】

10年後の理論株価=(10年後のEPS)×(平均PER)

{(10年後のBPS)×平均ROE}×(平均PER)

〈現在BPS×{1+平均ROE×(1-平均配当性向)}^10×平均ROE×(平均PER)

 

【算出方法②】

10年後の理論株価=(10年後のEPS)×(平均PER)

現在EPS×(1+過去10年のEPS成長率/年)^10}×(平均PER)

続きを読む

【決裁者としての実力が問われる】定量的分析と定性的分析の両面が必要だからこそ、株式投資は難しく、面白い

f:id:Ultra-HNWI:20180815220400j:plain

こんにちは。

先日、「消費者独占性が高い企業は、理論株価の実現可能性が高くなる。」という旨の記事をアップしました。

 

www.ichika-ryu.com

 

内容をまとめると、「過去の財務データから理論株価を求めるだけでは不十分で、消費者独占性という企業の見えづらい強さを見抜くことで、真に優れた銘柄を選定することができる」という話です。

 

このように優れた銘柄を選定するには、

過去の財務データを参照することで理論株価を求めるような「定量的分析」と、

ビジネスモデルの優位性や経営者の手腕の高さを見定めるような「定性的分析」の両面が必要です。

続きを読む

【高成長性と安定性】理論株価の実現可能性の低さを補うのが、消費者独占性である

f:id:Ultra-HNWI:20180814212117j:plain

こんにちは。

当ブログの中では、再三「理論株価」「消費者独占性」の話題に触れております。

 

「理論株価」とは、過去の企業の財務成績や株価収益率などから、現在から将来のある地点で最もつける可能性が高い株価のことを指します。

筆者は以下過去記事にて触れている方法で理論株価を算出しておりますが、理論株価の算出方法は様々あります。

自分の最も信頼できる方法で考えるべきでしょう。

 

www.ichika-ryu.com

 

しかしこの理論株価というものは、机上の空論と言われても反論できないぐらいには、実現可能性が低いものであると推察しております。

続きを読む

【リスクを取って学べ!】投資キャリア初期は集中投資するべきだと考える理由

f:id:Ultra-HNWI:20180804221903j:plain

こんにちは。

「現代の投資法の主流が、集中投資か分散投資どちらか」と聞かれると、「分散投資」と答えるのが自然でしょう。

ETFによる安全な投資、ポートフォリオを操ることによってリスクを分散する手法などはあらゆる人が推奨しています。

 

集中投資家の代表とされるバフェットですら、一般投資家にはS&P500指数連動インデックスファンドを推奨しています。

実際、一般投資家の中でS&P500指数連動インデックスファンドより高いリターンを出し続ける人は少ないでしょう。

 

これらから、分散投資が投資法の主流となっていることは健全な流れであり、市場にとっても安定した資金の流入が期待できるため喜ばしいことだと思います。

この流れを機に、日本人にとって更に投資が身近なものになっていけばいいなと願っております。

 

 

 

しかし、このように分散投資の有用性を把握しながらも、私は当分は集中投資のスタンスを貫こうと考えております。

続きを読む

【成功した未来を見つめる】長期保有で株価を何倍も伸ばした株式は、売る必要すらないのかもしれない

f:id:Ultra-HNWI:20180729205832j:plain

 

こんにちは。

長期保有を前提に投資するということは、数年後に株価が何十倍にも膨らんでくれることが期待できる企業を投資先に選びます。

 

ということは、実際に何年も保有し続けたら株価が何十倍になることも現実的に起こりうるわけで(当たり前か)、その時の出口戦略、いつ売るかということもある程度は考えておく必要があります。

 

私の場合は、先日の記事で「投資先企業が配当性向を上げ始めたら、売却を検討する。」という出口戦略をイメージしております。詳しくは下記記事をご参照ください。

 

www.ichika-ryu.com

 

 

が、先日の記事で一つ検討し忘れていた要素があることに気付きました。

それは「配当金」です。

続きを読む

【企業の投資効率】利益剰余金がどれだけ有効に使われているかを測る方法を考える

f:id:Ultra-HNWI:20180718205416j:plain

こんにちは。

長期投資を考えている投資家にとって、ROE(当期純利益/純資産)は重要視される指標の一つです。

それというのもROEは株主資本の毎年の成長率を示しており、株価の成長率と密接な関連性があるからです。

 

そしてROEの分子である当期純利益は、主に配当金と繰越利益剰余金の二つに使用用途によって区分され、うち利益剰余金は企業の生産性をより向上させるための設備投資や、新たな事業を興すためのM&Aの原資として使用されます。

 

今回はこの利益剰余金がどれほど利益拡大に有効に活用されているかを測る方法について考えたいと思います。

続きを読む

【売らない戦略とはいえ…】気絶投資法の出口戦略を考える

 

 

 

f:id:Ultra-HNWI:20180717194814j:plain

こんにちは。

先日の記事で気絶投資法なるものを実行したいと話させていただきました。

「買った株を気絶したかのように放置して、ひたすら売らない」という投資法です。

 

www.ichika-ryu.com

 

 

しかし、「ひたすら売らない」とはいうものの、やはり投資には出口戦略というものは必要です。つまり、「いつ売るべきか」ということはある程度イメージしておかなくてはいけません。

今回はその気絶投資法における出口戦略とはどうあるべきかを考えていきたいと思います。

 

結論から言うと、企業戦略の重点が「成長・拡大性」から「安全・健全性」に転換したタイミングが、私の気絶投資法の売り時だと考えております。

そしてこのタイミングを測るのに一番有用だと考えるのが「配当性向」という指標です。(配当性向=配当金/当期純利益)

この配当性向が上昇したタイミングが、気絶投資法の出口戦略に値すると考えています。

続きを読む

【宝の山か、それとも…】新興国株式への投資にあたってのメリット・デメリットを考える

f:id:Ultra-HNWI:20180712220954j:plain

 

こんにちは。

ここ最近、日本株の個別銘柄が壊滅的に下がっております。

まあ、私は一度買った株のことは忘れて気絶しているので全く知ったこっちゃないのですが。(強がり)

最悪10年後に上がっててくれれば文句はありません。

 

さて、そんな感じで現状負け犬な私ですが、最近新興国株式の財務諸表を見ることにハマっております。

手順としては「SBI証券HPにて外国株式データを適当に拾い読み→面白そうな新興国株発見!→グーグルで財務諸表を頑張って探す!」といった感じです。」

続きを読む